×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

更年期の正しい過ごし方

このエントリーをはてなブックマークに追加
>
女性の更年期とは、一般的に閉経前後の
45歳〜55歳くらいの時期を指します。
ライフスタイルの変化なども生じやすい
この時期には、更年期障害と呼ばれる
さまざまな心身の不調を感じる人も少なく
ありません。ここでは、そんな更年期の
過ごし方について考えてみましょう。

更年期は環境が変化しやすい時期


更年期は子どもの成人や独立、夫との関係の
変化、親の介護、責任ある立場への昇進など、
女性を取り巻く生活環境が変化しやすい時期。
こういった環境の変化によるストレスに加え、
この時期にはエストロゲンという女性ホルモン
が急激に減少し、自律神経のバランスが崩れる
ことによって起こる「更年期障害」に
悩まされることもあります。
更年期障害の症状は、倦怠感やイライラ、
のぼせ、しびれなど多岐に渡ります。
症状の出方には個人差があり、まったく
感じない人もいれば、日常生活が送れないほど
重い人もいます。
こうした環境の変化や心身の変化でストレス
が重なると、「更年期うつ」を発症する原因に
もなってしまいます。

また、エストロゲンの減少は、更年期障害
だけでなく、「骨粗しょう症」や「動脈硬化
などの生活習慣病のリスクも高めます。
エストロゲンには悪玉コレステロールの
増加を抑制し、善玉コレステロールを増やす
働きがあるといわれているため、更年期
エストロゲンの分泌が減ることにより、
悪玉コレステロールや中性脂肪量が増え、
動脈硬化の一因ともなってしまうのです。

更年期にはこのようにさまざまな病気の
リスクが高まる時期です。これまで以上に
生活に気を配る必要があります。
特に、さまざまな病気の悪化原因となる
ストレスには要注意。自分の趣味の時間を
つくる、体調が悪いと感じたらしっかり休む
などしてストレスを溜めない生活を
心がけましょう。



更年期は老年期のための準備期間


更年期は、人生の後半戦である「老年期」を
健康的に自分らしく過ごすための準備段階
とも言えます。若いうちは、徹夜や暴飲暴食
など、多少の無理をしても不調をきたすことが
ほとんどなかったかもしれません。
しかし、そうした生活習慣のつけは老年期に
回ってくるものです。

更年期は心身の不調に戸惑うことも多いもの
ですが、老年期に向けて変化する自分の体と
うまく付き合うために、ライフスタイルなどを
見直すいい機会でもあります。
規則正しい生活や質の良い食事、適度な運動など
を取り入れて更年期の過し方を工夫し、
すこやかな老年期を迎えられる
ようにしましょう。




発症時期・症状には個人差がある


更年期障害は一般的に閉経前後10年の
40代後半〜50代前半が発症時期とされて
いますが、中には30代や40代前半という早期で
発症する人もいます。
更年期に現れる一般的な症状としては、
ほてりのぼせ発汗などの、いわゆる
ホットフラッシュ」や、動悸息切れ
めまいなどの身体的なものと、イライラ
憂うつなどの精神的なものがあります。
これらの症状は、更年期になってもほとんど
感じない人もいれば、日常生活に支障を
きたすほど重篤な人もいるなど、人によって
大きな差があります。

早めの対処で悪化予防


更年期の症状は、加齢によるエストロゲンの
減少が原因のため、完全に防ぐことは難しい
のが現状です。しかし、早めに対処することで、
症状を予防・軽減できることもあります。
日常生活の中でできる更年期障害予防法には
次のようなものがあります。

食生活の見直し
更年期障害の症状は、エストロゲンの減少に
よるホルモンバランスの乱れが自律神経にも
影響することで起こります。
そして食生活の乱れも、自律神経のバランスを
乱す原因になります。
甘いものや脂っこいものばかり食べるなど、
偏った食事をしていませんか?
更年期障害の予防には、栄養バランスのよい
食生活が重要です。
また、更年期には身体の代謝機能が低下して
いきます。10代、20代の頃と同じような食事量を
続けているとカロリーオーバーとなる
可能性が高く、肥満にもつながってしまう
おそれがあります。


ビタミン群の摂取
かぼちゃなどの緑黄色野菜やナッツ類に多く
含まれるビタミンEには血液循環を促し、
ホルモンバランスを整える働きがあります。
更年期障害の症状であるほてりやのぼせを
和らげる効果が期待できます。
また、ビタミンB1には自律神経のバランスを
整える働きがあります。
ビタミンB1は豚肉やレバーなどに多く含まれて
います。また、ニンニクやニラに多く含まれる
アリシンはビタミンB1の吸収を高めてくれる
ので、一緒に摂ることでより効果が
期待できます。


適度な運動を習慣に
更年期障害の緩和に有効な運動は、
ウォーキングや水泳などの「有酸素運動」です。
有酸素運動は自律神経によい影響を与え、
呼吸器や循環器などの内臓の働きを活発に
します。また、運動によって快適な睡眠が
得られ、心身のリフレッシュにもつながるため、
無理のない範囲で習慣づけるようにすると
よいでしょう。






飲むほどに
わかるこの良さ
あなたにも!




出典
http://www.skincare-univ.com/article/008423/

リンク集

まとめ

Twitterまとめ